スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回朝日杯将棋オープン戦


第7回朝日杯将棋オープン戦


 森内竜王名人、羽生三冠、渡辺二冠、豊島七段という錚々たる面々がベスト4まであがってきた今回の朝日杯、20年に一度の大雪が東京を襲う中、決戦が行われた。

 準決勝
 ▲渡辺二冠△森内竜王名人戦は、角換りから先手の渡辺二冠が得意の穴熊に組んでからの猛攻。細い攻めをつないで勝ちきる。▲3八桂がすごい手で印象に残った。
 ▲豊島七段△羽生三冠戦は、矢倉で後手が雁木に構え、先手は穴熊へ。準決勝は両局とも若い子が穴熊。途中までは先手が良さそうに見えたけれど、私がソチ五輪開会式(再放送)の火の鳥で聖火バーンを感動しながら見ていたら、いつの間にか後手が良くなっていて、雁木の後手が穴熊から王様掘り出していた。

 決勝戦
 決勝戦は羽生渡辺戦! 
 戦型は横歩取りで、羽生三冠が玉を右に囲う珍しい形を採用。面白い。
 先手に▲4四歩を打たれた場面、解説の佐藤九段や森内名人、豊島七段がこの後後手はどうするのかと考える。飛車が窮屈で、確かにどうするんだろうと、ドキドキ。その後、なんと後手の羽生三冠は角と金銀香の三枚替えの順を選択! 銀で両取りかけられたとこだけ見たら、明らかに後手悪そうで選びにくいと思っていたので、この決断にはびっくりした。羽生三冠的には形勢悪そうだけど仕方ないって感じで選んだのかもだけど。
 その後、先手は後手玉に猛攻をかけるも、羽生三冠が鋭い寄せで後手玉を即詰みに討ち取った。一分将棋でこの切れ味は、凄まじい。PC前で震えるわ。

 と、いうわけで朝日杯を制したのは羽生三冠。
 いやあ、準決勝決勝と、とっても面白かった。佐藤九段の解説もズバズバ手が当たっていて流石。

スポンサーサイト

第3回電王戦記者発表会

第3回電王戦記者発表会


 先日ニコ生で行われた記者発表会の模様を見ました。
 記者発表会はすごく濃い内容だったので、これだけでもうお腹一杯。終始爆笑してました。
 相変わらずカッコイイ演出のPVだなーと、感心して見てたら、まさかの有明コロシアムで噴く。しかも次が両国国技館でまた噴出す。将棋の対局で有明コロシアムって……笑いしか出てきませんが! なんつーか、真剣勝負は真剣勝負なんでしょうけど、ここまでいくと、かなり
エキシビションマッチみたいな印象ですね。
 小田原城とか有明コロシアムとか国技館とか、場所は物凄く豪華で面白いんですが、対局者にとって落ち着いて指しにくい環境でもあると思うので、環境面の準備は万全にして欲しいですね。
 特に有明コロシアムはテニス観戦で行ったことありますけど、結構寒いって印象が……。

 場所以外で盛大に噴いたのが振り駒安部総理。
 第3回にして、これ以上やることねーなって域にきている電王戦。

 あと、日産がスポンサーで車プレゼントも笑いました。
 日産スポンサーは自動運転システムの人口知能との関連ですかね。


 とにかく盛りだくさんの記者会見で、ワリと冷めていた私も、第3回も見るかって気になりました。今年も開発者の方々面白いし、楽しみです。

 

第26期竜王戦感想など

第26期竜王戦七番勝負渡辺竜王-森内名人

 記録が破られるときは、あっけないものだ。
 羽生王座の連覇記録が破られたときもそうだったが、今回の交代劇も、竜王の投了の瞬間を映し出すパソコンの前で、ただ「あっけないなぁ」と思った。大事に持ち歩いていたものを、いつの間にか落として失くしてしまったときのような感覚。力を尽くして何年も守り続けてきたタイトルも、失うのは一瞬だ。
 今回の七番勝負、私の戦前予想は、今年度の渡辺竜王の将棋から鑑みて森内名人奪取を予想していたのだが、いざ実現されてみると、なんか現実味が無いというか、つい先日のことが、夢の中のできごとだったかのような、妙な感覚がある。特に渡辺竜王にとって、「竜王」は冠位の一つではなく、代名詞のようなものだったから、あるべきものがあるはずの所にない落ち着かなさが大きい。
 今期の竜王戦は、結果こそ4勝1敗だったけれど、内容的には二日目の午後まで拮抗する白熱した対局が多く、面白かった。緊張感が長く続く名勝負は、やっぱり見ていて感動する。
 今シリーズの勝者、森内名人は強かった。バリエーションは様々だが、全局矢倉になったシリーズで、名人に妥協という言葉は無かった。先後両方で、相手の用いてきた指し方を使うなど、常に強気の姿勢、自分の意思を貫く姿勢が際立っていた。今年の森内名人は、何か吹っ切れたような清清しさを感じる。
  負けた渡辺竜王、来年には30代の棋士としての戦いが始まる。守り続けてきた竜王戦で着実に力を付けてきた彼が、これからどんな棋士になっていくのか、とても楽しみだ。この失冠を新たなスタートとして、また着実に一歩を進めていくのだろう。
 とりあえず、来年は棋王、王将の防衛戦があるので、そこで渡辺竜王がどんな将棋を見せてくれるのかが楽しみ。といっても、私は羽生ファンなので、王将戦が始まったら多分全力で羽生三冠を応援しますが。(笑)

 先日の渡辺さんのブログ、失冠直後にああいう諧謔精神迸るブログを描くところ、好き。それにしても披露宴で谷川森内羽生渡辺ってすごい席ですね。何を話していたのかが物凄く気になる。


竜王戦第4局羽生三冠のニコ生感想
 第4局は、将棋も熱戦で、しかも解説が羽生三冠でとても幸せでした。途中羽生ファンの女子大生が乱入したり、5千円のおやつが出たり、小林先生かと思ったら谷川会長からのテレフォンがあったりと盛りだくさんで楽しかったです。おやつを食べる羽生三冠の可愛さ。40代のおっさんなのになんなんだあれ。
 終盤は解説もそこそこに読みに没頭する羽生三冠を眺めるという至福の時間。あのニコ生視聴者たちが文句も言わず見てるのはなかなかない。前日まで多くの棋士が先手良しだったけれど、羽生三冠は来て早々に4四の馬が大きくて少し後手が良いと断言。実際の形勢がどうだったかは分かりませんが、その馬が最後まで活躍して結果後手が勝ったのには、「流石羽生さん」と唸る。


王将戦羽生三冠が挑戦者決定 
 羽生三冠がリーグ全勝で王将挑戦。
 最近多くなってきた渡辺二冠とのタイトル戦ですが、二日制は2010年以来。
私が将棋界に興味を持ったのは、このときの竜王戦のドキュメンタリーを見て以降なので、この二人の二日制対戦をリアルタイムで見るのは初めて。ワクワクします。近年の羽生渡辺戦の中では、一番気楽に見れそうなのもいい。


最近の渡辺さんの対羽生デレ具合は何なのか(困惑)
 30代を目前にキャラ変なんですか!?
 週刊文春の『勝負心』の紹介を兼ねた記事に「羽生さんは自分を引き上げてくれる、ひょっとしたら世界でたった一人の人かもしれない」って書いてあって目を疑いましたが。思わず太字にするぐらい衝撃を受けたんですが。
 世界でたった一人の人って……え、告白かなんかですかね。
 『勝負心』も巷で羽生三冠へのデレが半端ないと話題になってますが、どうしたんだ。
なんか恋愛シュミレーションゲームで、はじめはツンツンしてた攻略キャラが好感度上がった途端デレはじめて戸惑うのに似てる。「?!?!wwwwwwwwwwwwwww」ってなる。
 軽率に渡辺さん応援しよとか思ってしまうからやめてほしい。チョロい羽生ファンだからーもー。

第72期順位戦A級4回戦▲羽生三冠-△渡辺竜王(2013年10月11日)

第72期順位戦A級4回戦▲羽生三冠-△渡辺竜王(2013年10月11日)


 A級順位戦もそろそろ中盤に差し掛かるという時に、このカードの対決。
将棋ファン大注目の一戦は、渡辺竜王が後手で2手目に3四歩とついて、横歩取りに。昨年の羽生三冠との順位戦から、後手横歩取りも年度初めに度々採用していた渡辺竜王が、この山場の一局で横歩取りを採用。何かやりたい手があったのでしょうか。
 局面は、先手が▲1六歩と端歩をついていない状態で、後手に△2八歩と打たれる局面へと進んでいく。桂馬逃げられないし、大丈夫かな? と少し思っていたけれど、この辺り、羽生三冠も淡々と進めていたので何か考えがあるんだろうなと感じた。
 そして、それはその通りで、▲6四歩と進んでみると、局面は割とバランスが取れていて、互角のように見える。この辺の感覚は、羽生三冠独特のもので、将棋って単純じゃないんだなぁと思わされる。
 その後の羽生三冠の▲6四歩~▲6六桂の飛車を見捨てる攻めが鋭くかった。「飛車? ええ、捨て駒の一つですよね」みたいなかんじで躊躇いなく切っていく羽生三冠。感想戦で渡辺竜王も▲6六桂は予想に無かったとのこと。ここで渡辺竜王は▲6六桂に銀を逃げて飛車取りにあてる。銀も逃げることができて、且つ飛車取り。これだけ見ると後手が良さそうに見えるけれど、飛車取りを無視しての▲6三歩成がなかなか厳しく見える。ここで竜王どうするのか、と思っていたが、「飛車を取れば大体勝ち」が信条の渡辺竜王は、飛車を取る△3六銀を選択した。
 しかし、その後の羽生三冠の攻めが厳しく、81手で渡辺竜王の投了となった。
 渡辺竜王が負けるときは、勿論接戦も多々あるけれど、結構受け一方になってあっさり負けることが多いような気がする。棋聖戦のときも調子悪そうだけどすぐ持ち直すだろうと思っていたけれど、案外不調が長引いてるかんじ。まあ渡辺竜王は調子がいいだの悪いだのという論調は好きじゃない人ですが、見てる側とすれば強いときの冴えがないなぁと感じる。
 


 A級の郷田屋敷戦は、横歩取りで後手の屋敷九段が勝ち、なんとA級順位戦後手番初勝利!
次戦、A級で先手番無敗を誇る屋敷九段VS羽生三冠がどうなるか楽しみー。

王座戦とか第3回電王戦とか

■王座戦第4局(羽生中村戦)
 面白かった! こういう将棋が観れると、将棋観戦してて良かったなあってなりますよね。「○○知らないとか人生半分損してる」とか言われるとうっせー知るかと思う派閥の私でも、「もう、将棋知らない人人生の半分損してるよ!」と言い出したくなるような対局でした。前年の第4局も千日手指し直しになり大熱戦だったのですが、再び第4局でこんなことになるとは……。ホント将棋ってドラマがあるなぁ。
 最終盤をリアルタイムで見ることができたのですが、手に汗握る戦いで、一分将棋の最後、中村五段が勝ちを逃すという幕切れ。すごい密度の対局で、200手くらい指したんじゃないのってくらいの濃さがありました。将棋観戦はライブで見るのと、後々棋譜だけ見るのとじゃあ面白さが10倍くらい違いますね。棋譜見ただけじゃさっぱりな私みたいな人間は特に。生で見る感動と興奮、たのしー。それにしても、カド番の羽生王座の勝負強さは異常ですね。すげーわ。
 シリーズここまでの感想としては、爽やかで華のある二人の対局なのに、将棋の中身は結構どろどろっていうか、カオスですよね。中村五段初挑戦時の棋聖戦も将棋の内容は接戦でしたが、そのときとはまた違った印象を受けるので、面白いです。もしかしたら詳しい感想を別記事であげるかも。



■竜王戦がもうすぐ開幕
 しますね。
 個人的に見たかったカードなので楽しみです。第4局には羽生三冠の解説もありますし!
渡辺竜王は、10連覇をかけて、森内名人は10年前に獲られた竜王を取り返しに。
森内「取られたら取り返す……倍返しだ!」という感じで、ね……。
……………………汗
 このくだらない一言を書きたいがために、数ヶ月放置していたブログに投稿したといっても過言ではない。
森内「渡辺竜王、土下座して貰います……!(投了的な意味で」
的な、ね……。



■第3回電王戦
 出場者決定!
 個人的には、やっぱり若手の豊島七段に注目です。勝ち負けはともかく、どんな勝負を見せてくれるのか楽しみです。
 あと第2回からルール改正が色々あるんですね。公平性云々はよく分かりませんが、棋士側はこの条件は言い訳無用って感じで逆に大変そうでもありますね。そんなルール改正の中で、ハードを全部統一のものにっていうのは、ちょっとどうなのかとも思いますけど。是非はなんともいえませんが、単純につまらない。人間VSコンピューターなんだから、180台のGPSとか、チェスみたいにスパコン使っちゃうような奴が出てきたほうが、個人的には面白い。本気の戦い的なかんじで。なので、このルール改正はちょっと物足りないですね。
 あと、GPS、激指、伊藤さんも出ないので寂しい……。
 今のところ私の中で第3回の電王戦の観戦熱はやや醒めぎみなんですが、実際始まっちゃえばすごく楽しんでると思います。
 

プロフィール

亀井

Author:亀井
▲将棋観戦好きの人間
△ハム将棋<私<<<将皇
▲羽生先生を大体応援してる
△羽生世代を大体応援してる
▲佐々木勇気四段面白い
△眼鏡好きには将棋界は天国
▲将棋界ファン
△日々もっと良いブログタイトル
 がないか考え中

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。