スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第84期棋聖戦第4局ほか


第84期棋聖戦第4局の感想

 羽生棋聖の2勝1敗で迎えた第4局、ここを落とすと勝負は第5局へもつれ込むため、両者勝負どころの1局だった。戦型は結構普通の後手8四飛型の横歩取りに。と思ったら、羽生棋聖は早い段階で9筋側の歩を突き越すという新趣向をみせた。渡辺竜王が駒組みを着々と進めるうちに、今度は1筋の歩を突き越す。個人的に、相居飛車の将棋で、相手が玉を囲う側の自分の桂馬(右桂)が使えないと、見た感じ不利な気がするので、あまり後手を持ってやりたいかんじではないなーと、この辺では思っていた。
 その後、1筋を攻める羽生棋聖の△1七歩に、渡辺竜王は同香と取り、△1九角から後手に馬を作らせる順を選ぶ。渡辺竜王は、馬を作らせても先手が指せると思っていたようだが、馬の力が意外に大きく、羽生棋聖が巧みに攻めて、第4局を制した。99手目▲5五角に対しての最終手△5四飛車は、スマートでカッコイイ手でしたね。foooo。


 将棋界初の三冠対決は、羽生棋聖が防衛を決め、棋聖6連覇。羽生ファンとしてはホッ。
 名人戦で「羽生先生大丈夫かな?」した後の棋聖防衛で「なんだー大丈夫か」は、ここ数年の恒例行事ですよ。もう。 タイトル戦、1日制2日制の違いとかもありますが、個人的には好不調の時期も結構関係あると思う。渡辺竜王はこの時期大体不調で、竜王戦がピークな印象。渡辺竜王は今シリーズは残念な結果だったけれど、本領を発揮するのはこれからでしょうね。

 本局は、羽生渡辺戦節目の50局目。対戦成績はやや渡辺竜王が勝ち越しているものの、五分五分で拮抗している。この対局数でただ一人羽生棋聖に勝ち越す渡辺竜王もすごいし、NHK杯決勝で藤井九段が言っていたように、将棋界の歴史の流れに頑強に抵抗する羽生棋聖もすごい。
 二人の戦いが、これからまた積み重ねられていくのが楽しみです。100番本が欲しいので、100番までいってほしいなあ……。



余談 

 ・インタビューで羽生棋聖、タイトル100期云々聞かれてたけれど、いくらなんでも気が早すぎでしょうと羽生ファンの私でも思うよ。せめて90期超えたら聞こう。(笑)


 ・棋聖戦中継ブログの感想戦記事の上から3番目の羽生棋聖の写真がとても美しい。
42歳のおっさんに何言ってんだって感じだけど、やっぱ綺麗な写真だわ。
 
 ・棋聖戦決着局にして初めてPV見た。
 両者の相違点を強調したPVでしたね。面白かっこよかった。これからも棋戦ごとにPV作ってくんですかね? 
 にしても、羽生棋聖は若い頃から現在にかけてかなり言うこと変わってるような気がする。
 若い頃から現在までのインタビューまとめたら、変遷追えて面白いかも。
 

 羽生三冠7月の対局

17日    対渡辺竜王(棋聖戦)
19日    対森内名人(竜王戦決勝T)
21日    対加藤九段(達人戦準決勝)
23、24日 対行方八段(王位戦)
26日    対佐藤九段(順位戦)
29、30日 対行方八段(王位戦)

 ヤッター羽生三冠の対局がほとんど中1日ペースでミレルヨー。

 いや、いくら羽生三冠が日程詰まるほど調子上がるといえども、これは詰まりすぎでしょう。
 明日の竜王戦はどっち応援しようか迷う。渡辺羽生戦は最近よくタイトル戦やってるので、渡辺森内戦のほうもタイトル戦見てみたい。森内名人好調且つ、最近意欲的な作戦を採用されるので、明日どうなるか楽しみ。

 21日の加藤九段との達人戦は、なんと、ニコ生中継があるそう!
 これは見逃せませんね。ありがとう、連盟。ありがとう、ニコ生。ありがとう、主催者様。
 http://live.nicovideo.jp/watch/lv144348840


 ・森信雄先生のブログ。滝先生慰労会メンバーが凄すぎる。
スポンサーサイト

第84期棋聖戦第3局ほか

第84期棋聖戦第3局の雑な感想

 

 終盤のうっかりは、自分がやっても人がやってるのを見ても、「ぐわああああああああ」って、PC前で悶え苦しむよおおお。

 というのが、本局を見ての一番の感想。まあしゃーないっすわ。


 後手の渡辺竜王が、連敗中の横歩取りをやめて、2手目8四歩に戻してきました。角換わりに進み、途中までは、前期棋聖戦で、後手羽生先手中村と同じ進行。羽生棋聖は、昨年は後手を持って勝っていたけれど、今回は先手。
 後手が△6五歩とついて、待機戦術を取る作戦は、先手がどう打開していくかという将棋になる印象だけど、羽生棋聖が昨年見せた後手の趣向は、後手側が結構積極的にいって、激しい将棋になる印象がある。
 前例を離れた進行で、やや後手が有利になったところでの▲2二歩△同玉で、棋譜コメントを見ると、先手が優勢に。
 が、しかし、将棋は最後にミスしたほうが負けるゲーム。
 先手の羽生棋聖が金を打って寄せに出たところでの△2二銀。
 これで、後手玉はなかなか寄らず、逆転。羽生棋聖は△2二銀をうっかりされたとのこと。

 後手の渡辺竜王が勝って、2勝1敗に。
 羽生棋聖が先手番を落としたので、五番勝負の行方は分からなくなってきた。
 さて、第4局は後手番の羽生棋聖が何を指すのか。横歩取りの確率が高いと思うんだけれども、どうせあたらないんだろうなー。


竜王戦本線トーナメントが進行中。

 谷川九段対豊島七段戦。
 
「弱い奴は、控え室に振り回されるしかないのかっ……!!」

 って、かんじで、控え室コメントに振り回されながら、ハラハラドキドキの終盤戦を楽しみました。谷川九段が勝ち。豊島七段は、竜王戦観戦記に、黒子のバスケの緑間が好きだという情報がのっていて、好感度が5くらい上がって応援
していたので残念。


達人戦で夢のカード

 青野九段、加藤九段戦で加藤九段が勝ち、なんと次戦で羽生三冠との夢の対戦が実現!!
達人戦に羽生世代が参加してから、誰もが実現を望んだカードがここで……!!!
ずっと見たいと思っていたので、とても楽しみ!!やほー。


第84期棋聖戦五番勝負第1局第2局の雑な感想

第84期棋聖戦五番勝負第1局第2局の雑な感想


 将棋の感想は、すごく気合を入れて見るか、リアルタイムで追えないと、なかなか
書けないもんだなと見切り発車で感想ブログ始めた昨今噛み締め中。
 というか去年は王座戦と電王戦を気合入れて見すぎた。
 
 さて、ぼけっとしているうちに、棋聖戦五番勝負が始まっていました。
 棋聖っていう響きが美しいので、私が個人的に一番好きなタイトル。

 今回のタイトル戦は、羽生渡辺戦の中でも、羽生ファンとしてはかなり力を抜いて
見ることができるタイトル戦だな~と思っていたら、「将棋界初の三冠対決!!」などと
煽られていて、ビックリしました。因縁の世代対決という煽りは流石に飽きてきたわと思って
いたところにコレですかー。結構気楽に見ている羽生ファンは少ないのか。


 第1局第2局を終えてとりあえず思ったこと。
 
 中継ブログの前夜祭の羽生棋聖渡辺竜王の両先生の写真が可愛い。
 なんか羽生棋聖が気負っていないというか、いい感じにリラックスしている写真が多くて、渡辺竜王とのツーショット画像がやたら和やか。まあ前夜祭だから当たり前かもしれませんが。
 こんなかんじで、棋聖戦中継ブログのおかげでPCの棋士フォルダが潤う。ありがとうございます。

 
 将棋の感想。
 振り駒で、第1局の先手は羽生棋聖に決定。後手の渡辺竜王は、2手目3四歩からの横歩取りに。2手目8四歩を渡辺竜王はずっと指していたけれど、最近は後手で横歩取りを連続採用中。何か心境の変化があったんでしょうか?
 勝手に理由を妄想すると、①単純に二手目8四歩がきつい②後手矢倉後手角換わりのとっておきの研究は後のタイトル戦まで熟成させるぜククク……③複数冠とって複数の番勝負こなすのに流石に2手目8四歩だけじゃあねえ……④突然の横歩取りブーム⑤なんとなく ……などなど、色々思い浮かぶけど、どれだろう。どれでもないかも。

 横歩取り8五飛車戦法。
 先手に▲8三角を打ち込まれてからは、先手ペースで将棋が進んでいたかんじでしょうか。
 途中、先手に馬の移動箇所の選択をどうするかって場面があったけれど、ああいうのって
ホントどこがいいのか迷う。
 というわけで、第1局は羽生棋聖の勝ち。

 
 第2局は、渡辺竜王先手、羽生棋聖が後手。 
 先手の渡辺竜王は初手2四歩。2手目3二飛車を警戒する意味合いが強いか。羽生棋聖が3四歩として横歩取りに誘導。ただし、今回出てきたのは、現在では極めて珍しい相横歩取り!羽生棋聖が角を換えた瞬間「?!!」ってかんじだったけど、きっと渡辺竜王も「?!!」って心の中で思ったはずだよ。昨年の王座戦以来、対渡辺戦の後手番には驚かされてばっかり。
 終局後の羽生三冠「気分を変えて相横歩取りにしました」って、どう気分変えたらこうなるの。きっと正直に話してくれるのは引退後なんでしょう……。

 渡辺竜王は、激しくなる▲7七銀ではなく、穏やかな▲7七桂を選択。竜王の棋風からして、桂馬のほうを選ぶのは羽生棋聖的には想定内か。▲7七銀のほうならどうなったのか気になるのでまた見たいなあ。
 力戦で両者意欲的な差し回し。昼過ぎくらいに局面を見たら先手よく見えたのに、ど素人の私みたいなのが打ちそうな△8六桂~▲7九歩で、後手に形勢が傾いた印象。渡辺竜王がこういう素人からすると「?」な受けの手を指して負けたのを前にも見た気がする。
 将棋自体は羽生棋聖の意表の戦型選択から、えっ?!と、驚くような手が沢山出て、見所満載で面白かった。リアルタイムで見たかった将棋だった。


 棋聖戦五番勝負は、羽生棋聖が二連勝。
 渡辺竜王はいまいち調子がよくない印象だけれど、次戦どうなるか。△3四歩からの横歩取りでいくのか、△8四歩にするのかも見所の1つ。

 ニコ生中継。
 始まった当初はすごくありがたく、楽しく見ていたのだけれど、最近ニコ生でタイトル戦中継見ると、お腹いっぱいになりすぎて疲れるという贅沢な悩みが出てきた。適度に見よう。




その他将棋関連
・最近将棋界からやや離れ気味なせいか、色々な棋士が色々なメディアに出ているみたいなのに、全く追えていない。唯一里見女流の情熱大陸だけは見た。可愛い。
・結婚のニュースに驚く。
・甲斐さんおめでとう!
・順位戦がスタート。今年も羽生三冠の順位戦が見れて嬉しい…な……。こうなったらA級最多優勝目指そう。
 B1の密度がすごい。誰が上がってもおかしくない。ワクワク感がすごいクラス。
・王位戦に行方八段が!どんなかんじのタイトル戦になるのか楽しみ。矢倉が多そう。
プロフィール

亀井

Author:亀井
▲将棋観戦好きの人間
△ハム将棋<私<<<将皇
▲羽生先生を大体応援してる
△羽生世代を大体応援してる
▲佐々木勇気四段面白い
△眼鏡好きには将棋界は天国
▲将棋界ファン
△日々もっと良いブログタイトル
 がないか考え中

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。