スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回朝日杯将棋オープン戦


第7回朝日杯将棋オープン戦


 森内竜王名人、羽生三冠、渡辺二冠、豊島七段という錚々たる面々がベスト4まであがってきた今回の朝日杯、20年に一度の大雪が東京を襲う中、決戦が行われた。

 準決勝
 ▲渡辺二冠△森内竜王名人戦は、角換りから先手の渡辺二冠が得意の穴熊に組んでからの猛攻。細い攻めをつないで勝ちきる。▲3八桂がすごい手で印象に残った。
 ▲豊島七段△羽生三冠戦は、矢倉で後手が雁木に構え、先手は穴熊へ。準決勝は両局とも若い子が穴熊。途中までは先手が良さそうに見えたけれど、私がソチ五輪開会式(再放送)の火の鳥で聖火バーンを感動しながら見ていたら、いつの間にか後手が良くなっていて、雁木の後手が穴熊から王様掘り出していた。

 決勝戦
 決勝戦は羽生渡辺戦! 
 戦型は横歩取りで、羽生三冠が玉を右に囲う珍しい形を採用。面白い。
 先手に▲4四歩を打たれた場面、解説の佐藤九段や森内名人、豊島七段がこの後後手はどうするのかと考える。飛車が窮屈で、確かにどうするんだろうと、ドキドキ。その後、なんと後手の羽生三冠は角と金銀香の三枚替えの順を選択! 銀で両取りかけられたとこだけ見たら、明らかに後手悪そうで選びにくいと思っていたので、この決断にはびっくりした。羽生三冠的には形勢悪そうだけど仕方ないって感じで選んだのかもだけど。
 その後、先手は後手玉に猛攻をかけるも、羽生三冠が鋭い寄せで後手玉を即詰みに討ち取った。一分将棋でこの切れ味は、凄まじい。PC前で震えるわ。

 と、いうわけで朝日杯を制したのは羽生三冠。
 いやあ、準決勝決勝と、とっても面白かった。佐藤九段の解説もズバズバ手が当たっていて流石。

スポンサーサイト
プロフィール

亀井

Author:亀井
▲将棋観戦好きの人間
△ハム将棋<私<<<将皇
▲羽生先生を大体応援してる
△羽生世代を大体応援してる
▲佐々木勇気四段面白い
△眼鏡好きには将棋界は天国
▲将棋界ファン
△日々もっと良いブログタイトル
 がないか考え中

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。